admin

1/2ページ

アンカーテキストとリンク先は同文意

これからのWebライティングは、検索ロボットと検索ユーザーの両者を考えて進めていくことが、SEO(検索エンジン最適化)対策に有効と言われています。具体的対策の中で、アンカーテキストについてその効果的な利用方法をお話します。Googleのような検索サイトで表示されてきた結果から、選択したWebサイトをクリックして表示されたページで、よく見かける「クリックすると他のリンクへ飛んでくれる」テキストです。 […]

利益があると思わせるタイトル

ページのタイトルにはさまざまな工夫の方法があります。タイトルをクリックしてもらえるよう、さまざまな人が目を惹くタイトルを考えています。タイトルの中でも「利益がある」と思わせるのもひとつの方法と言えます。ページタイトルの利益というとぴんとこないかもしれませんが、「それをクリックすることでどれだけ自分に利益がもたらされるのか」と言い換えられます。分かりやすいもので言えば、金銭的な利益です。例えば「◯割 […]

意外に重要な「タイトル」

ウェブサイトをHTMLで制作すると、タイトルタグの間にそのサイトの名称を書き入れることになります。一般に「タイトル」と呼ばれるものですが、この「タイトル」はSEOにおいては馬鹿にならない影響力をもっています。ですから制作時に安易に付けてはいけない文字列なのです。商用サイトのタイトルとしては、よく会社名やブランド名が採用されるのですが、SEOに特化したサイトの場合、敢えて関連キーワードをタイトルに盛 […]

マイナスをゼロにするSEOとは

SEO施策には大別して、マイナスをゼロにするSEOとゼロからプラスにするSEOとがあります。そのサイトがペナルティがあると設定されていると、いくらSEO施策をしても効果を発揮することができません。まずはマイナスをゼロにするSEOをする必要があります。検索エンジンがウェブページを取り扱うときに、基本となる原則というのが、「URL単位でページを区別する」ということです。URLが一文字でも異なると別ペー […]

フレームの切り分け

ディープラーニングは「データが多いほど精度が出せる」のは事実ではあっても、「扱える範囲内のデータで精度を出す」という言い方が正しいと思います。「データの範囲をどこで切るか」というのは、実は人間のセンスの問題ともいえます。たとえば、一定の枠の範囲内でデータを受け取ったとき、つまり、与えられた情報量、データ量が人間とコンピュータ(AI) とで同じだったとすると、最近はほぼコンピュータが勝てる状況です。 […]

WEBコンテンツの新鮮度

皆さんがウェブサイトを運営する中で、リピーターを増やすことに関して、何か工夫などをされていらっしゃることはありますか。コンビニエンスストアなども、多くのリピーターたちを店内に呼び込むために、様々な工夫や商品の開発などが行われているようです。ウェブサイト上でも、同様に、様々な集客を行うために、多様な試みが行われてもいるようですが、期間限定的に季節の装いに合わせたような、サイトのレイアウトを変化させて […]

SEO対策の必要性

「SEO対策」とは、インターネットを利用して、商品購入を検討されているお客様に、商品が掲載されているサイト情報をより近道を通ってお知らせする為の対策であります。もし皆さんが、デパートを訪れて1000や2000といった商品の陳列棚から、求める商品を購入しようとした際には、何かしらを頼りに商品の情報を集めようとしますよね。もし、そこに数ある商品の中から選ばれた、商品の人気ランキング順位のようなものが存 […]

キーワードの順番

 実は意外に知られていないのですが、タイトル内に幾つかのキーワードが含まれている場合、それらの記述順がアクセス数に影響を与えます。何故なら、ユーザーが複数の検索語を入力する時の記述順によって、検索結果が異なるからです。ですからユーザーの行動を正確に把握した上で、順番も決めなければなりません。また、キーワードの数は多ければよいというものでもありません。10文字前後の方が明快になり、却って拾われやすく […]

共起関係

 SEO対策のためのコンテンツ作成において、キーワードと共に注意したいのは、共起関係にある言葉です。これはキーワードからすぐに連想できる言葉のことで、キーワードと一緒に使えば高い評価を受けることになります。検索エンジンの特徴は、いわゆる自立語を重視するということです。つまり動詞や形容詞から、その記事の内容を瞬時に判別しています。連想される言葉が多用されていれば、その記事の信頼性が高くなり、自然と評 […]

文章の評価主体

 コンテンツを充実させるのは、果たして誰のためでしょうか。もちろんユーザーのためでもありますが、SEOの観点からは、検索エンジンの目を意識する必要があります。検索エンジンはロボットですが、複雑なロジックを理解する知能があります。ユーザーが嫌うような記事は、検索エンジンも高く評価しません。裏を返せば、ユーザーに好まれる記事を書けば、自然と検索エンジンにも評価されるのです。そのためには、まず一定量の記 […]